A003

歴史ある寺を取り囲むように広がる畑や雑木林など、のどかな自然に恵まれた住宅地の一角に建つ二世帯住宅です。

静かな寝室エリアと賑やかなLDKエリアを、ユニークな敷地の形状に沿って配置し、2世帯共有のエリアによって繋ぐ明快な構成としました。畑に面した前面道路側には、接道長さ17mという恵まれた条件を活かし水平に迫力ある「顔」を創り、駐車場などのサービス部分がうまく建物の裏に隠れるように配慮しました。

両世帯のリビングからは、道路向かいに広がる畑を自分の庭のように感じながら寛ぐことができます。親世帯、子世帯それぞれの寝室の間には、天井高1.2mのロフトを緩衝材として設け、寝室相互のプライバシーを高めつつ、子供の身体スケールに合った特別な空間を設えました。

設計・監理:セシモ設計(瀬下直樹・淳子)
構造:構造計画設計室(中村豊)
照明:Filament(菅原千稲)
施工:砂川建設株式会社
撮影:Copist(吉村昌也)

© 2012 セシモ設計  Seshimo Architects All Rights Reserved.